アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

結婚指輪は誓いの証

指輪を交換する

結婚指輪は、結婚式の時にふたりが交換するペアの指輪です。
二人の誓いの証であると共に、周囲に対して既婚であることを知らせるサインにもなります。
結婚生活の中で、長く日常的につけることが多いため、シンプルでクセのないデザインが好まれています。
その分、ディテールにこだわったり、内側に自分たちだけのサインを入れるなど、外側の華やかさではない部分で、好みを表現することがあります。
長く二人で身につけるものなので、男性が贈るものというよりは、二人で決めるという夫婦が最近では増えています。

指輪のサイズについて
女性の指輪のサイズの平均は、小柄の女性だと6号と7号で普通の女性だと8号と9号が平均的なサイズになります。
これ以上のサイズだからと言って太っていると言うわけではないです。
指をよく使う職業の方などは指だけ大きい場合もあります。
女性にとって例え指でも大きいとコンプレックスの場合もあるので男性の方は気にしないであげるのが優しさです。
男性のサイズは、男性の場合は力仕事などに就いてる場合は体形に関係なく指が太い場合もありますが大体15号から20号の間が平均的なサイズになります。

婚約指輪とはなにか
婚約指輪(エンゲージリング)は、結婚を約束した際に交わす指輪のことです。
結婚指輪とは違い煌びやかな装飾(ダイヤモンドなどがよく選ばれます)なものが多いです。
婚約指輪の平均的な価格は20~40万円あたりが相場です。
しかし、婚約指輪自体交わさないというカップルも多いです。
婚約指輪にお金をかけないで新婚旅行にお金をかけたり、指輪ではなく時計や他のものを渡しているカップルもいます。
パートーナ―の性格に合わせて用意するといいです。

結婚指輪とはなにか
結婚指輪(マリッジリング)とは、結婚式の際に交換する指輪のことです。
実際に式をあげていなくても誓いとい形でパートーナ―に渡したものを言います。
平均的な相場として2つペアで10~20万円くらいです。
日常生活に支障がきたされないシンプルなものがよく選ばれています。
形だとシンプルなものからウェーブなどが人気がありペアで何かモチーフにしているものも選ぶ方がいます。
人気な素材は貴金属でもダイヤモンドとの相性がいいと言われているプラチナが圧倒的です。
結婚指輪に小さなダイヤモンドを入れる方も多いのでプラチナが人気を博しています。

結婚指輪とは

結婚指輪と花

まず、価格の面で言えば、断じて婚約指輪の方が高い場合が多い。
それは、結婚指輪は大抵の場合、結婚後ずっと身につけていくものであり、日常生活をしていくうえで邪魔になるものでは困るのである。
それゆえにデザインもシンプルで、豪華な宝石がついているものはあまりない。
しかし、小さくてもそれなりの値段がする宝石を少しあしらって、自分だけのオリジナルのものに仕上げるのである。
そして結婚指輪は夫婦揃って用意するもので、男性でも身につけやすいシンプルなものが多い。

婚約指輪とは
その反対に婚約指輪は派手なデザインのものが多い傾向にある。
これはいわば男性から女性へのプレゼントであるので、その気持ちの現れがそのまま形になる。
誰の目にもきらびやかに見えてほしい、そういう思いが詰まっている。
また、そうすると値段がはるために、母親等の婚約指輪をリメイクする人も多い。
もともとついている宝石だけを使って、リングは新しいデザインにし、今度は自分のものに生まれ変わらせる。
そして結婚指輪とは違い、大切な時にだけ身につけるのである。

3本の指輪
結婚までに3本の指輪を買わなければいけないと、結婚を決めた男性が知って驚くことがあります。
婚約指輪と結婚指輪を混同している、もしくはよく知らないという方も多くいます。
3本の指輪とは、婚約指輪、結婚指輪を2つのことです。
一生の記念でもあり、大きなイベントでもある結婚式と、それからの結婚生活に欠かせないアイテムであるために、ただ買うだけではなく意味を知っておくことも重要です。
それに、意味を知っておくことでより思い入れの深い品になっていきます。

婚約指輪は約束の証
婚約指輪はその名前の通り、婚約の証、約束を形にしたものです。
結婚を約束した記念として男性から女性に贈られる品として、特別な意味を込められたものになることから、ダイヤモンドを使ったものなど、結婚指輪に比べて華やかなデザインのものが多く好まれています。
以前は給料の3ヶ月分とよく言われた婚約指輪ですが、昨今の経済事情に合わせてなのか、予算も低くなってきていて、20~40万円くらいが相場と言われています。
また時計など指輪以外のものを贈るという選択肢も増えています。